うみねこ

管理釣り場で楽しもう

管理釣り場とは人工的に渓流や池のような自然に近い設備を作りそこに放流されている魚を釣ることができる施設のことを言います。駐車場やトレイの完備、釣り道具のレンタルサービスもあるので気軽に遊びに行けることが大きな特徴です。

2隻のジギング船

サビキ釣りを楽しもう

たくさんの針がついた仕掛けを使って小型の魚をたくさん狙える釣りです。仕掛けも釣り方も実にシンプルなので釣り初心者の方であっても釣果を上げることができるでしょう。そんなサビキ釣りの詳細を説明しています。

明石の鯛ラバを楽しもう

停泊している船

大阪などアクセスの良い都市部から明石など人気の釣りスポットへ船に乗って釣りができ、しかも、普段はなかなか食べることができないような高級魚を釣ることができるのが、ジギング、そして鯛ラバです。

ジギングというのは、メタルジグと呼ばれる鉛でできたルアーをシャクリ、生きた小魚のように見せて釣る釣りです。
鯛ラバというのは、日本古来のカブラという漁具が改良されてできた、たこのようなルアーを使ってる筒利です。

まずジギングの釣り方ですが、主に青物を狙う釣りです。
海底にジグが着いたら、竿を大きくシャクリ、リールをすばやく巻き、糸ふけを取ります。
糸ふけを取ったらすぐにシャクリ、リールを巻き、糸ふけを取る。という動作を繰り返す釣りです。このシャクリと呼ばれる動作をすることで、逃げ惑う小魚をジグが演じて、魚がヒットします。

次に、鯛ラバです。鯛ラバと呼ばれますが、鯛以外にも、カサゴ、ヒラメなどの底物、青物、鯛などなど、さまざまな魚種を釣ることが出来る釣りです。
ジギングより簡単で、鯛ラバが底に着いたら、一定スピードで巻き上げてくるだけという釣りです。ジギングのようにしゃくる必要はありません。なので、初心者でも簡単に行うことができます。

さて、気になる船の料金なのですが、大阪近郊では、6時間1万円が主流になっています。
明石は多くの釣りスポットがあり、特に明石海峡付近は年間を通して多くの釣り客やジギング船が訪れています。四季折々の獲物が狙えるのが大きな魅力でしょう。

船に乗る場合は、遊漁船の予約をしないといけません。メールや電話などで予約を要れ、いつ、どこで、何時出船で、何時帰港かを確認します。
出船時間に遅刻をすると、他の釣り客の迷惑になりますので、絶対寝坊しないようにしてください。
中には、遊漁船自体が宿をしているところがあるので、前入りすると便利です。

車では行きにくい明石も大阪市などからこのように行けるのであれば便利ですよね。

魚を釣り上げた少年

「ジギングや鯛ラバなど四季折々の釣りを楽しもう|釣りLIFE」の記事一覧です。